土地の値段と道路の関係

土地の値段は、そこを通っている道路によって決定されるといっても過言ではないでしょう。
その土地のあるところをどのような道路が通っているかを調べ、その道路につけられた価格によって、その土地の標準的な値段が決定するのです。
逆に、道路に値段がつけられて、その道路のそばにある土地の値段の計算に利用されるといったほうが現況に合っているかもしれません。
マンション/売るその道路の値段は、国税庁が決定して公表します。
これが、路線価と呼ばれるものです。
だから、土地の値段は、単純に、この路線価に土地の面積をかけて求めることができるわけです。
しかし、土地にはさまざまな捉え方があったり、それぞれに独自の事情を抱えていたりします。
だから、実際に評価していくときは、路線価にそれらの事情を踏まえて算出された比率をかけて求めていくことになります。
その基本となる計算式は、正面路線価×価格補正×土地の面積となります。
その価格補正に関しては、土地のある場所、その形状などで、いくつかの修正方法が用意されています。
道路への接し方一つについても、1面だけ接しているケースもあれば、2面、3面と接しているケースもあります。
また、まったく接していないようなケースもあるのです。
こうしたケースごとに価格の補正方法が決められています。
というのは、その土地が道路に面しているというのは、利便性について考慮しているということであり、接し方次第でまず利便性が大きく変わっていくためです。